太陽光発電のニューストピック

太陽光発電に関するニュースやトピックを紹介します。
地方自治体や市町村によっても刻々と変わる補助金や太陽光に関する様々な情報です。

 

 

特に補助金については、自分が住んでいる地域の情報は必ずチャックするようにしましょう!

 

もしも、自分が太陽光発電を導入しようと考えたときには、
もう自分の地域の補助金が終了してしまった、、、
など、こんなことにならないためにも早めの見積と地元業者からの情報提供を常に入る状況にしましょう!

 

どうするかは、当サイトのメインページなどでチェックしてください。
太陽光発電の不安や心配|デメリット
太陽光発電の失敗しない選び方

 

太陽光発電のニューストピック記事一覧

長野県の中央にある下諏訪町には、町おこしのために太陽光発電街路灯が設置されているらしい。この下諏訪町は、山間部なのだが意外と太陽光発電とは相性がいいらしい。町おこしの希望を灯す信州・諏訪湖畔の太陽光発電街路灯地元企業や自治体などの協力で実現したらしい。この三位一体の取り組みで灯った諏訪湖畔の新しい太陽光発電街路灯は、今後全国的にも注目されるだろう。この取り組みは、現在原発問題などにも影響すると考え...

2011年の年末にこのようなニュースが飛び込んできた。県が太陽光発電普及の枠組みとして掲げた「かながわソーラーバンクシステム」が22日から始まる。県は設置希望を取りまとめて業者へ橋渡しをすることでコストダウンを図り、普及を目指す。ただ、メーカー、販売店、施工業者からなる事業団体(JV)が提案したプランは価格・機能などさまざま。屋根の形状により状況も異なり、相談・取りまとめを担うかながわソーラーセン...

2010年11月からの半年間に新築一戸建て住宅を購入した世帯のうち、17.5%と約6軒に1軒が太陽光発電システムを導入したことが23日、住宅金融支援機構の11年度住宅取得に係る消費実態調査で分かった。中古住宅などを含む全住宅取得世帯では8.5%となり、03年度の前回調査(太陽熱温水器の導入世帯も含む)の1.3%から大幅に伸びた同機構は、太陽光発電システムに対する補助金や省エネ志向の高まりが普及の要...

スマホで太陽光発電を探している向けのページです。スマホや携帯で探し物をしていると、ほかのサイトとの比較をしない人が多いです。それは機能的に比較するのに向いていないからですが、そこで妥協をしてしまうとネット被害にあう場合があります。それが、無料のものだったり日常品などだったりした場合ならまだいいですが、太陽光発電など、実際に購入する時に高額な場合は、結果的に被害にあってしまうケースがあります。おそら...

波力、潮力発電に関してはどこの国もまだ本格的な導入にいたっていない。バイオマスやメタンハイドレート、水素発電の新エネルギー開発だってまだまだ手付かずだ。地熱発電は揺るぎない世界トップシェアと技術。太陽光発電はコスト競争と販売戦略で後れをとっているが技術的には世界トップレベルだ。政府が発送電分離を決定すれば、これらが新産業となり、まず停滞している経済が動き出す。血が循環すれば体は活気を取り戻し、健康...

太陽光発電の大きなメリットの1つに、燃料が不要という事があります。太陽光は、誰しもが自由に手に入れる事の出来る自然エネルギーであり、枯渇する心配がありません。石油や天然ガスのなどの資源をほとんど持たない日本にとって、この自然エネルギーの活用は非常にメリットが大きいと言えるでしょう。しかしながら、この自然エネルギーには、安定した電力量を確保することは難しいと言うデメリットがあります。雨の日や曇りの日...

新築マイホームと太陽光発電について先日、結婚3年目の友人が年末に新築のマイホームを建てる話を聞きました。新築だから、同時に太陽光発電の導入を検討したそうです。その際に、住宅会社?からの紹介で太陽光発電の業者を紹介してもらったそうです。その業者名はあえてここでは、公開しませんが、その後、インターネットで一括見積もりを取ったところ、約80万円もの差額があったそうです。もちろん、一括見積もりのほうが安い...

太陽光発電を導入する大きなメリットは、家庭での光熱費を削減できることです。実際に、太陽光発電を導入するほとんどの家庭が、光熱費の削減を期待しているでしょう。デメリットを発生させないためにも、導入前に発電量と家庭での電気消費量をしっかりと把握しておくことが大切です。太陽光発電を導入すると、発電や売電による光熱費の削減だけでなく、節電効果が期待できるというメリットがあります。導入コストを少しでも減らす...

東日本大震災と原発事故がきっかけで、原発などに頼らずに自宅で電気を、という目的がアピールされている太陽光発電ですが、それ以前は火力発電の出す二酸化炭素を減らしていこうというエコの目的で広めようということがきっかけでした。家庭にて二酸化炭素の削減に貢献したいな、という意識を持って太陽光発電を導入したならば、具体的にどれ位削減に貢献できているかを知りたいですよね。発電量のみならず、二酸化炭素削減量も分...