海外メーカーか国内メーカーか

日本の一般家庭での太陽光発電の設置率は右肩上がりなので、国内メーカーだけでなく海外メーカーも参入して、数多くのパネルメーカーがしのぎを削っている状態です。
今話題のTPPの問題も注目されています。これ成立するとさらに加速するでしょう。
太陽光発電設置業者はすべてのメーカーのパネルを扱っているわけではないので、見積もりを出す際に扱っているメーカーも比較してみましょう。
その際にはメリットだけではなく、デメリットも知っておくべきです。

 

家庭用の太陽光発電で大きくシェアを伸ばしてきている海外のメーカーですが、価格がリーズナブルなのが魅力です。
見積もり書を比べてみて、料金が大きく違ったら海外製のメーカーを使用している業者かもしれません。
大量生産のため、コストが安いという点が大きなメリットですね。
しかし、デメリットも同時に理解してきましょう。
メーカーによっては設置できなかったり、修理が難しかったりするデメリットもあるそうです。

 

国内メーカーの太陽光発電は、コストの面では海外製には勝てませんが、融通がきくという面では多くのメリットがあります。
日本の住宅事情は海外とは大きく違い、パネルを設置できる屋根の大きさや形状に制限がある場合があります。
そういった面を考慮して、国内のメーカーはいろいろな形のパネルや小型のパネルを作っています。
四季がある日本の気候にも対応しているので安心ですね。

 

 

料金だけをみるのか?デメリットも十分に理解したうえで決断しましょう。
複数の業者に太陽光発電の一括見積もりを出してもらったら、こういった点に注目して選ぶことも大切ですね。

 

意外とある太陽電池発電のデメリットとは?問題点や短所とは?

日本の自然エネルギーはどうなる?
デフレ・不況や円高が日本の産業構造に原因があるという論調は多いし理解もできる。しかしその解決は財政政策や金融政策という日常的政策の積み重ねとは違う次元の政策を必要とするだけに大変な困難を伴う。スクラップアンドビルドであったり規制撤廃であったり選択的集中的資源投入であったりと優遇と抑制をする対象をこれまでと変えることになるので大きな摩擦や闘争を呼び起こすことになる。

 

また目指すべき社会像もなかなか具体的にならない。ポスト工業化社会と言うか、高付加価値サービス産業社会と言うか、高付加価値製造業サービス業調和社会と言うか、言葉で言い表すことはできても具体的にどういった事業が興隆するよう促すべきかがよくわからない。

 

南欧諸国のような保護型福祉国家は次々と財政面から行き詰まりを迎えている(奇しくもこれらは自然エネルギー先進国でもある)。これらの国々は日本と産業構造は全く異なるが国民意識や制度や財政状況がよく似ている。一足先に危機に陥った国々として学ぶべきことは多い。

 

一方、グーグルやアマゾンのような先進的なテクノロジーやアイデア、ビジネスモデルを次々に生み出すアメリカも高失業率や財政制約に悩まされ続けている。

 

福祉国家を追い求めて産業政策をおろそかにする国は必ず財政的に行詰まり破綻するだろうが、かといってアメリカのように自由にアイデアを事業化し社会に合った多彩な産業が開花する環境を提供するだけでは国民は幸せにはならない。

 

日本は産業発展段階的には米国と途上国の中間に位置し両者から双撃を受けている。自らの立ち位置と進むべき道を明確にしないといつまでも流浪することになりかねない。

 

ある海のバザールほうばいで、講演会に参加してました。福島の森の中に、自分で木を切り建てたお家で、
水は沢から引いて、台所に引き込み遠心力をつかった自動洗濯機。奥様は、どんぐり食を研究しパンやケーキも作れるそうです。

 

原発の問題があり、今は、新天地を求めて、日本中を回っているそうです。
いい場所が、見つかるといいですね。
なにも原始人のような 昔に戻ることではなく、病気の心配や、争いのない、みんなが安心して暮らしていける近未来だといわれていました。今の世の中を そっくりと自然エネルギーに置き換えることよりも省エネな暮らしの中に、幸せな未来がありそうですね