太陽光発電のデメリット|天候

天候太陽光発電

■太陽光発電は、天候で
太陽の光の量や明るさや時間に比例して
発電量が変わります。

 

快晴の日は発電量も増えるし、
曇りだったり雨の日は、発電量も減ります。

 

おおよそ、
・曇の時は、晴れの日の3〜5割程度。
・雨の日は、晴れの日の1割程度。
※雪の日は、パネルに積もるのでさらに減ります。

 

このように天候によっても、
太陽光発電を導入した場合の、
その後のコスト計算も変わってきます。

 

自分の住んでいる地域によって、
発電量がかなり変わる場合があるので、
自宅に合った、一番最適な選択が必要になります。

 

 

その地域の補助金なども各自治体で変わりますが、住んでいる地域の天候によっても
変わるので、地元の業者で一番いい会社を選択する必要があります。

 

その会社を見つけるには、まずは一括見積もりからです!!!
太陽光発電の失敗しない選び方

 

●天候や季節や場所など、昼夜等の発電量の変動が大きく一定しないことがある。
これは、自然エネルギーの宿命ともいえるデメリットです。

 

しかし、天候に左右されるので安定しないと思われますが、
現在は、昼間に充電して夜間にしようするといった
タイプも販売されています。

 

商品によっては、それらのデメリットをなるでく軽減しているものもあるので
正しい知識で商品を選ぶ必要があります。

 

 

設置する場所の条件

太陽光発電は、自然のエネルギーを利用する発電方法のため、発電量にバラつきがあります。
同じ製品を同じ枚数設置したとしても、設置する場所の条件によって発電量はかなり違ってきます。

 

太陽光発電を導入するにあたって、
多くの人が導入コストや削減できる電気代など様々なメリットとデメリットを考慮してシミュレーションを行います。

 

もし、この商品をこれだけ付けたら、これだけ発電できると確実にわかっていたら、
メリットを増やし、デメリットを大幅に減らすことができます。

 

しかしながら、設置してみるまでどれくらい発電できるかわかりにくいのが太陽光発電のデメリットでもあります。

 

 

太陽光発電の発電量を左右する設置条件には、色々なものがあります。
太陽光が出てなければ発電されないので、
天候に大きく左右されるのはもちろんですがそれ以外にも、
屋根の傾斜、屋根の向いている方角によっても発電量は変わってきます。

 

当然、地域によって日射量も違いますし、
雪の影響を受ける地域では季節によって発電量にバラつきがでます。
また、火山灰の降り積もるような地域でも、発電量に影響がでてきます。

 

 

実際にどれだけ発電出来るのかを正確に知ることはできませんが、
設置業者さんに相談すると日射量や屋根の傾斜、方角などを考慮してシュミレーションしてくれます。

 

宣伝広告に惑わされることなく、自分の家ではどのようなメリットとデメリットがあるのかを把握することが大切です。